プロジェクト追記 その4

Pocket

以下の文章はクラウドファンディングでの活動報告で掲載されたものを転載しております。

2019/06/03の記事です。

 

皆様、こんばんは。
本日も活動報告をご覧頂きありがとうございます。
小屋完成後の活動について、つづきです。

たいした用時もないのにふらっと立ち寄って、

自宅のリビングのようにくつろげる場所というのは昔はいくつかあったような気がします。

 

商店街が買い物の中心にあった時代はお店の前に椅子がいくつか置いてあって、

たわいもない会話で盛り上がって、誰もが会話に参加できるような、牧歌的な風景を見ることができました。

「男はつらいよ」の「とらや」のように店員か?常連か?見分けがつかない人物が常駐しているような雰囲気ですね。

当工房の看板犬が人気者だった頃は多くの人が立ち止まり、人と犬が集まり、大きな賑わいを見せていました。

犬のカットサロンと間違えて、予約を取りたいと申し出る人がいたほどです。


そんなかつての風景を取り戻したいと考えています。

あくまで、企画段階ですが「大人の部活動」という趣旨で研究会をいくつか立ち上げる予定です。

フラットな人間関係を築きつつ、趣味の枠を超えた熱量で人生を彩ってゆく、

そんな場所の中心に小屋がある。それが目指すべきビジョンです。

 

例えば「ダイエット部」
一人ではなかなか続けられないけれども、仲間とならやれる。

エキスパートも初心者も一緒に頑張って達成して、職場ではありえないようなストレートで、

リアルな関係が自然に生まれることが理想です。

部員の成長と共に「美容部」へ昇格☆さらに「アンチエイジング部」などに進化してゆければ、

まさに人生が変わるほどの活動になるでしょう。

その他「お茶漬け部」「脳トレ部」「開運部」など思案中です。

予算が確保できれば、ピザ釜を自作して、部員の皆様に振舞うこともできます。

これらは営利活動ではなく、あくまで、部員達の自発的な営みにしてゆきたいので、

現実的な運営にはやはりシビアな壁が立ちふさがるでしょう。

→次回に続くでございます。

Follow 熊谷周二:

Latest posts from

Leave a Reply