プロジェクト追記 その5

Pocket

以下の文章はクラウドファンディングでの活動報告で掲載されたものを転載しております。

2019/06/04の記事です。

 

皆様、こんばんは。いつも応援ありがとうございます。
どこまで、続けられるか!!

この活動報告もチャレンジの一環として気持ちを込めて更新をしてゆきます。

前回は小屋の活用方法の一つの案として、「大人の部活動」という趣旨での研究会を立ち上げたいというお話をしました。

本来であれば、予告どおり活動資金をどう捻出するのか?資金の流れのお話をするべきなのですが・・・
今回は予定を変更して、活動そのものの目指すところをもう少し、
掘り進めてみたいと思います。

世の中にはもうすでに、様々なレジャー施設やショッピングモールが立ち並び、娯楽の種類も豊富です。
新規に何か立ち上げる必要性はほとんど無い様にも思われます。

当工房の吹きガラス教室に通う生徒さんにも聞いてみました。
「今、何が一番欲しいですか?」
意外なことに、多くの生徒さんの答えが「特別欲しいものはない」でした。

そんなはずはないよね。ということで、さらに話を聞き込むと「癒されたい」という旨のことを皆さん口々に訴え始めました。

「何もかも忘れて、ひたすら遊びたい」でもなく、「美味しいもの食べたい」でもないそうです。

「疲れを癒したい」というニュアンスよりも「心も体もリセットしたい」という感覚のようです。
何百人という単位でのアンケート調査を行ったわけではないので、
安易に結論付けるのは控えるべきところですが、納得できる本音が聞けたような気がします。

 

漠然とした将来への不安や社会からの疎外感
理屈では納得できるものの、どうしても飲み込むことのできない案件・・・・
日々の鬱屈した感情をどう消化していいか分からない、どんよりした感覚。

 

あるがままでいい」なんて、ほとんどの人が思ってはいない筈です。
そんな単純に割り切れるほど、のん気に過ごしてきた人生ではないからです。

 

リセットしたいなと思いつつも、本気ではリセットできるなんて、 思っていません。
ですが、類似の体験ならばちょっと興味はあるでしょう。

分かりやすい例としてはコスプレです
セカンド・ライフならぬ、セカンド・キャラクターで人格を一時、切り換える行為で、
モノマネとはちょっと違います。
SNS上で使うアバターやVTuberなどの活躍は新しいアプローチとして広まりつつあります。

今回のクラウドファンディングでのプロジェクトでは「心も体もリセットしたい
という要望に応えられる場所として小屋の完成を目指しています。
ダブルライフをリアルで体験できる空間と企画を考えてゆきたいと思っています。

現実逃避としてのファンタジーではなく、
もう一つの現実としてのファンタジーを創造します。

Follow 熊谷周二:

Latest posts from

Leave a Reply