活動報告 その14

Pocket

以下の文章はクラウドファンディングでの活動報告で掲載されたものを転載しております。

2019/06/18の記事です。

 

皆様、こんばんは。
本日も見事な晴天でお昼頃にはちょっと危険なレベルの日差しの強さを感じました。
そこで、炎天下での作業を避けて、道具や余った資材の整理をしてみることにしました。

掃除など軽くして、日が傾くのを待つ作戦です。

しかしながら、避暑のつもりで始めた作業もやっぱり過酷なものでした。

今回、小屋の壁や天井、床下に至るまで使用した断熱材です。
これでもかというくらいに使用して、余ったものをしばらく保管していたのですが、
使う予定がないので、自宅の天井裏に敷き詰めることにしました。
そして、天井裏に侵入したまではよかったのですが・・・・・


暑い!!
とにかく暑すぎます。
一般住宅の断熱性能の低さに愕然としました。
最近の断熱材の性能が向上した所為なのでしょうか?
自分で施工したことでひいき目で見ているのかもしれませんが、
小屋のほうが間違いなく!!圧倒的に快適です。

今回のプロジェクトが落ち着いたら、自宅のリフォームも検討する必要がありそうです。

冷暖房にかかる電気代のコストと断熱材の値段を秤にかけると断熱材に対する投資はすぐに回収できるでしょう。
これは建材全般に言えることですが、
材料としての建築資材は完成品としての建築物の価格から受けるイメージより、
かなり安価に感じます。

インクの割高感に対してのプリンター本体の価格にびっくりするような感覚です。

ギャップをすごく感じます。

何とかならないかと思ったのが、このプロジェクトを始めるきっかけでもありました。

Follow 熊谷周二:

Latest posts from

Leave a Reply