吹きガラス解説 [ポンテ]

with コメントはまだありません
Pocket

もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対~♪

まだ、テレビで歌番組が全盛だった頃の話です。

「恋をしない」 X 「言わない」

2重否定=強い肯定ということで、またきっと「恋をする」という意味なのですが、

このフレーズを初めて聞いた時、

「ハぁ?こいつ何言ってんの?」というのが率直な感想でした。

当時の私にはこの歌詞が醸し出す奥深さに気付くにはまだ、若く

経験値が届いていなかったのでした。

~*~*~*~*~*~*~*~*

さて、「ポンテ」の話でしたね。

ポンテとはイタリア語で「橋」を意味し、吹きガラスでは吹き竿から別の竿に受け渡す作業のことを指します。

回転軸に対して器が前後逆転することで、作業範囲が変わります。

コップであれば、下半分の底面を作った後にポンテを取り、飲み口の加工にスイッチします。

赤く熱を帯びている部分がポンテです。

竿元のくびれた部分から切り離します。

吹きガラス体験教室では、ほとんどの皆さんがここでびっくりすることになります。

そして、教室の生徒さんの多くがこの作業に少なからず、トラウマを感じているのも事実です。

失敗があるとすれば、かなりの確率でこの場面で起きるからであります。

竿を叩いて振動を発生させて、くびれた部分に亀裂が入り、吹き竿から切り離すのですが、

同時にポンテの熱が冷めていると、ポンテも外れてしまって、器本体が床に落ちて割れてしまうことになります。

吹きガラスの世界では一瞬のタイミングの違いすら、失敗に繋がりますので、心臓にとてつもなく重い負荷がかかります。

 

ここで、恋の魔術に戻ります。

やっぱり失恋は、どんな手を使ってでも避けたいもの。

出来ることなら、2度と味わいたくない、嫌なものですよね。

どんなことがあっても、この恋はあきらめない!!

と強く誓ったとしましょう。

ここでダークフォースが発生します。

深層心理は否定形を認識しないからです。

do not ~

は顕在意識下では理解されるのですが、無意識下では意味を成さないのだそうです。

Don’t (never)give up! が>>>>

無意識では Give up に実際は翻訳されていたとすると・・・・・

恐ろしいことです。((((;゚д゚))))アワワワワ

逃げちゃだめだ・・・逃げちゃだめだ・・・

食べちゃだめだ・・・食べちゃだめだ・・・

なんという恐ろしさ。

「まんじゅう怖い」という古典落語があるほどです。

 

それでは、この現象を逆手にとってみたら、どうなるでしょう。

 

クリスマスにはあんたと二人でなんか過ごさないし、

イルミネーションを観ながら、手なんか繋いだりしないんだからね!!

なんという・・・・ツンデレ・・・・
惚れてしまうがな。

 

ポンテが苦手なあなた。

「細けぇ、ことはいいんだよ!」

「ポンテは、成功しない!!」

「真ん中なんかには付けかない!!絶対にだ!!」

叫んでみたら、もしかして上手くゆくかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply