活動報告 その38

Pocket

以下の文章はクラウドファンディングでの活動報告で掲載されたものを転載しております。

2019/07/16 の記事です。

 

皆様、こんばんは。
本日は夕方まで断続的に雨でしたが、作業そのものは屋内で行うので問題ありません。
モルタルにはむしろ、湿気が多いほうがいいのかもしれません。

昨日とは逆サイドの壁を塗りました。
全く同じことを繰り返すだけですので、2回目は手馴れたものです。

調子に乗って、天井も同時にやってみよう!!
ということで、多めにモルタルを練ってしまいました。

 

結果的には何とかなりましたが、実はちょっとしたトラブルになりました。
出だしは良かったのですが、
さすがに壁を塗り終わるまでにモルタルがもったりと粘りが出てしまい、
天井を塗り始める頃には、
すごい力を入れないと網目に塗りこむことが出来ないという状態に・・・・

モルタルは鮮度が命ということを痛感しました。
テンポ良く、塗っては伸ばし、新しいモルタルをこまめに補充するのが大切です。

 

確か、職人さんの動画では二人一組だったような・・・記憶が甦ります。

やはり、自らの失敗から学ぶよりも、先人達が練り上げた技と知恵に従うのが早道です。
パソコンがあれば、世界各国の道具や施工方法を検索して比較できます。
便利な世の中になりました。

江戸時代の頃は長男以外は10歳で奉公に出て、
基本的には休みもなく、ひたすら見習いの日々を過ごし、

独立を許されるのは早くて30歳代、
さらに驚くことに当時の平均寿命は30歳代だったというではありませんか。
技の研鑽どころか、その前に人生終わってしまうようなそんな時代でした。

つくづく、現代に生まれて良かったなと思います。
不運に見舞われなければ、80歳くらいまで頑張れます。
そうなると、3ターンくらい違ったライフ・スタイルを試すことが可能です。

生涯現役を貫いて、ぴんぴんコロリで人生を全うする。
そんな、妄想をしてみました。

そのための準備として、
秘密基地を確保しておきたいところです。

 

Follow 熊谷周二:

Latest posts from

Leave a Reply