三方良し その後

Pocket

ブライダル制作の記事を書いたことがきっかけになったかは不明ですが、

ウェディング関連のお客様に3日連続で制作していただきまして、正直なところ驚いております。

今回は結婚10周年のお祝いに奥様にプレゼントしたいというご要望で、ワイングラスを制作していただきました。

その様子をお伝えします。

まずは豊富なサンプルの中から、装飾とデザインを絞り込んでいただきます。

次に色ガラスの見本を合わせながら、3色お好きな色の組み合わせを選んでいただきます。

色によって、柔らかい色や硬い色、様々です。

熱した時の素材感は色ガラスに含まれている鉱物の特色によって変わります。

同系色を選んでいただけば、問題ないのですが、やはりお好きな色を選んでいただくのが一番いいかもしれません。

最終的なデザインを決定します。

こちらの4色に決まりました。

練習を兼ねて、実際に使用する色の組み合わせで箸置き制作をしていただきました。

シンプルな作業内容ですが、かなり真剣です。

計3色の色を使い、グラデーションを演出しました。

金型に吹き込むことで、縦筋の凹凸を付けます。

光が拡散することで、色それぞれが引き立ち、キラキラ感が倍増します。

上の写真は別な方の制作例です。

単色で気泡を入れる装飾でのケースです。

手作り感を全面に出すために泡を希望されるお客様は多いです。

琉球ガラスの影響かもしれません。

吹き竿から前後を反転させて、ポンテと呼ばれる竿に移し換えた状態です。

先端に小さな穴が開いているのですが、これを広げることで飲み口になります。

3日間で3組、計6個の制作になりました。

予想以上の需要があることにびっくりしております。

今後も商品開発を続けて、少しづつですが、お客様の満足度を向上させてゆきたいと考えております。

Leave a Reply